こんばんは、みみこです。


一気に目が覚めて飛び起きました。

受信時間を見ると、私の送信後30分後くらいです。

早めに返してもらえたことと、

トーク画面を開かずとも見えるだけの文章を見る限り

冷たい返事内容ではなさそうなことに

自然と口元がにやけていました。

これで明らかに簡素な文面が予想できそうな場合

そっとライン画面を閉じて現実逃避に走るところですが

今回はその心配はなさそうなので

神のラインを開いてみました。




「こんばんは(^^)/
 今日はこちらこそありがとう!
 連絡もらえてすごく嬉しいよ(*^_^*)
 俺もまた会いたいって
 思ってるんだけど、
 近いうちに会えないかな?」




嘘。

ほんとうに?




正直期待以上の返信でした。

もうほぼ好きになっている人から

こんなにストレートに誘ってもらえるとか

なんか

いつぶりだろう。




私は今までの恋愛で、

自分から好きになった人に

積極的に好いてもらえたことが

ほとんどなかったように思います。




私が好きになって

頑張って

頑張って頑張って

追いかけて追いかけて

何とか付き合えたり

相手から好意を持ってもらえて

そのあとにほだされるように

自分も好きになって

付き合うことになったり

そういう恋愛や付き合い方が多かったのです。




だから、このラインは

何ていうか

素直にすごく

嬉しかったのです。




もしかして

相手も自分と同じ気持ちの温度でいてくれている?

そんな期待で胸が膨らみました。



でもまだ

確かめないといけないことがある。




「おはようございます。
 昨日はあれから寝てしまって、
 お返事が遅くなってしまって
 ごめんなさい。
 私もぜひ会えたら嬉しいなって
 思っています。
 あ、私と何番目に話したかな~とか
 覚えてますか?(*^_^*)」




キツい感じで伝わらないように

一応笑顔の絵文字をつけておきました。




友達が連絡先をもらったことを

嘘で言うはずがない。

この人が友達にも私にも

そしてもしかしたら他のパーティー参加女性にも

連絡先を渡しているのであれば

私が誰だかはわからないはずだ。




次の返信次第で、そのあとの自分の動き方を決めたい。

誰かれかまわず連絡先を渡す人とは

どう考えても未来はないのだから。




そんなことを考えている間に

開いたままの神とのトーク画面に

神からの返信が入ってきました。




「2番目に話したみみこちゃんだよね?
 もちろん覚えてるよ!
 土日休みって言ってたし
 今日は何か予定があるの?
 すごく早起きだね(^_-)」




神はやはり神様だったのです。

私は恋に落ちました。(今更)