こんばんは、みみこです。


婚活中に一番やってはいけないこと…

それは


・自分の婚活状況を相手にベラベラと話すこと

・相手の婚活状況を根掘り葉掘り聞くこと


だと私は思っています。


私はお相手にこれをされた時点で

相手にとって私はもう恋愛対象(婚活対象)ではないと判断します。

その推測はほぼほぼ当たっていて

その日の最後は「お互い頑張りましょうね」なんて

終わり方になることがほとんどです。



中には現在気になっている女性に対してのアピール方法を

相談されたこともあります。

私とのお見合い中にです。

悲しみを通り越し、気持ちが菩薩になったので

一生懸命その方の恋愛相談に乗ってあげました。

その帰り道の虚しさといったらありません。



それならお見合い自体を断ってほしかったと思いましたが

結婚相談所からのお見合いだったので

キャンセル料を支払うのが嫌だったのだと思います。






話を戻して。

ワガミチさんの若干不機嫌な雰囲気と

ぴりぴりした空気、変わらず続く重苦しい沈黙に

私の思考回路はショートしてしまったのでしょう。



「わっワガミチさん、婚活の具合どうですか?
 もうけっこうお見合いとか何回かされました?」


脳内で共通の話題を必死で探し続けた結果

唯一はじき出されたのが

結婚相談所、婚活というワードのみだったのです。


そしてもう長く続く沈黙に耐え切れなくなっていた私は

よく推考もせずに思いついた言葉を口にしてしまったのです。




「え…!?
 まぁ、はい、何度か、しましたが…」

案の定思い切り変な顔をされてしまいました。

そうです、お見合い中にお相手の婚活状況やお見合い回数を

聞くやつはおかしな奴なのです。



「私は婚活パーティーとか合コンとか
 いろいろ行ってますがなかなかうまくいきません~。
 婚活って本当にむずかしいですよねっ。
 ワガミチさんは素敵だしモテそうだから
 すぐに結婚できそうですけど
 私はほら、こんなんなんで、もう~…
 どうにもならなそうですっははは…」


これこそ、

お前は何を言っているんだ

状態です。


最悪です。

完全なる暴挙です。



婚活パーティーでも合コンでも

うまくいかないという地雷臭を自らまき散らし

それに加えて相手を褒めたあとのネガティブ発言という

相手が一番返事に困る会話をワガミチさんに投げてしまったのです。



私は何を言っているんだ



脳内の誰かが叫んでいます。

でももう時間は戻せないし、止まれなくなっていました。



「ワガミチさんならお見合い希望もどんどん
 来ると思いますし、とんとん拍子に結婚まで
 いけそうですよねっ。
 頑張ってくださいねっ!
 私はワガミチさんのような方とお見合いして
 いただけただけで良かったと思うようにします」

へへへ…と訳のわからない謎の笑顔を浮かべながら

一気にまくしたててしまったのです。






=== 今日のつぶやき ===

Amazonプライムで鬼滅の刃が
無料で見られるようになってるー!
見てみたいなぁ。体調戻ったら見よう…!
約束のネバーランドもおもしろかったし。