こんばんは、みみこです。



私はこのような失敗を今までも時々してきました。

お見合いの場ではこれが初めてだったのですが

婚活パーティーや合コンでも同じようなことを

言ってしまったことがあるのです。



そしてその相手にたいだい共通しているのは

「イケメンであること」

「自分はこの人から選ばれないであろうとわかっていること」

でした。




何て説明したら良いのかわからないのですが


「安心してください。
 私はあなたに恋愛対象として
 見てもらおうなんて身の程知らずなことは
 思ってないですよ!」

と、とにかく明るい誰かみたいなことを暗に伝え

「こんな奴に好かれても困るし
 告白されて断るのもめんどうくさいから
 それなりの対応しておくか」


という相手から恋愛対象外として冷たい態度を取られることを

未然に防ごうとする謎の防衛行動をしてしまうのです。



あなたのことを好きになったり

好意を伝えたり

それにあなたが断る面倒なんてものを

一切かけない友達枠として見てくれて大丈夫ですと

声なき声で必死に伝え

自分が傷つくことから逃げるのです。




この行動は、自分に全く興味がないであろうイケメンや

イケメンではなくとも私が少し気になっていて

でも相手からはその気持ちが微塵も感じられない人と

何とも盛り上がらない会話をしているときに発動されます。



私のことを恋愛対象として見れないのは

もう十分に理解した!理解したしアプローチなんて

おこがましいこともしないから

せめて、せめて友達みたく普通に会話をしてくださいと
(知り合いレベルでも可)

いう切なる気持ちが込められている行動なのです。



どうせ私がどう頑張っても無理だから。

好きになる前からフラれているような相手のこの態度。

私がブスで何の魅力もないからこんな態度を取られる。

だったら最初から、友達とか

今いっしょに居るこの場を楽しく過ごす話し相手とか

そんな風に思ってくれていいから。



それほどまでに、相手の自分に興味がなく

好かれることを疎ましく思われているときの

振る舞いは露骨に冷たくて傷ついてしまうのです。



でも本当は、婚活で出会う人に対して

そんなことはしてはいけないとわかっています。

どんなに傷ついたとしても

良いなと思う人にはアプローチをし

自分の好意を隠さずに伝え

それで思い切りフラれたとしても

迷惑がられたとしてもそれは仕方がない。

婚活は友達作りの場所ではないのだから。

傷つくことから逃げていたら

結婚どころか彼氏すら作れない。



わかって…いるはずなのですが

いまだにその行動を直すことができず

ワガミチさんに対しても

同じ失敗行動をしてしまったのです。



ワガミチさんの機嫌がそれで良くなるとは

思えませんでしたが

何か少しでも共通の話題で会話をすることができたら

私がワガミチさんとどうこうなりたいなんて

思ってないことをわかってもらえたら

ワガミチさんが安心してくれるんじゃないかとか
(どうしようもないネガティブス)

そんな考えから飛び出してしまった

言葉たちなのでした。




またやってしまった…!

と我に返ったときには時すでに遅し



ワガミチさんの私を見る目が

異世界の見たこともない生物を発見した時のそれに

変わっていたので

もうこのままこのカフェの窓を蹴破って

逃げ出したい衝動にかられました。




=== 今日のつぶやき ===

何ていうか、うまく説明できず申し訳ありません。
少しでも伝わっていたら嬉しいのですが
こう、私は自分のブス加減や身の程をわかっていますよ~
的なことを相手に悟ってもらおうとしてしまうんです。
たぶん無視されたり冷たくされたり
酷い態度を取られたくないからです。
今までそういうことが数多くあったので
無意識にそれにぶち当たることから
逃げようとしてしまうんだと思います。
書いてて改めて思ったのですが
本当にこんなんじゃダメですね。
恋愛とか、人を好きになることとか
傷つくのが当然なのに
それから逃げてるくせに
彼氏欲しいとか結婚したいとか
本当におこがましいと思いました。
最悪なブスだと思います。