こんばんは、みみこです。



お母さんみたいに、何もかもが自分の思い通りになってきた人にはわからないよ!


そんな嫌な言葉が

頭と心の中に渦巻きます。



母親だって私より20年以上生きてきて

いくら容姿端麗で自然に周りから

好かれるような人間だったとしても

私の知らない苦しみや辛いことがたくさんあったとは思います。

結婚生活や出産、子育ての大変さや苦労も

今の私には何もわからないのだから

そんな風に言える資格は全くありません。




「どんなに喧嘩していても
 夫婦喧嘩の場面だけは子供たちに
 見せないように、それだけは
 ずっと守ってきたんだよ」


子供たちに不安な思いをさせたくないから

暗い家にしたくないから

お父さんと2人でそう決めたんだと


「お父さんとお母さんはとっても仲が良いよね!
 けんかしたりしないの?」


と、小さい頃聞いた私に

手を繋ぎながら答えてくれた母親を覚えています。



そんな母親と父親のことを尊敬しています。

両親みたいな夫婦が憧れであると心から言えます。



高校生のときには一般的な反抗期もあって

口もきかないような時間もあったけど

私は両親のことが大好きなのです。



だからこそ

「やればできる子なんだから」

と言われれば言われるほど



「違うよ。
 私はやってもできない子なんだよ」



って言ってしまいそうになるのを

必死で我慢しているのです。



自分たちの自慢の娘が(両親からして)

やればできる子だと信じていた娘が


本当はできない子だったなんて

その現実はきっと

両親を悲しませてしまうことになりそうで



そしてそうさせてしまう私は何て親不孝な娘なんだろうと



自分のことが今よりもっと嫌いになってしまうだろうから


だから言えない。

言いたくない。




だから「結婚なんて”普通に”すればいい」

と私には高過ぎるハードルを軽々と越えてきた母親の言葉に



「良い人できたら…言うよ」

そうぼそりと返事をして

部屋を出ていくことしかできませんでした。




=== 今日のつぶやき ===

鬱々と愚痴ばかりでごめんなさい。
悲劇のヒロインぶっているわけでもなくて
母親と結婚などについて言われることに対しての
もやもやを誰にも言えないのでここに書きたくて。
ネガティブスぶりが一段とヤバいですね…。