ネガティブスみみこの婚活ブログ

ネガティ+ブスのネガティブスな33歳女の婚活日記です。 人を妬んで羨んでばかりの性格もクズな女の婚活黒歴史と 現在進行形の婚活奮闘の日々を書いています。

アーカイブ:2019年04月

こんばんは、みみこです。それからどんな風に話を切り上げて帰らせてもらったのかあまり記憶がありません。(嫌な記憶過ぎて脳が忘れたがっている)ただとても疲れたことそして自分が恥ずかしくて惨めで帰り道の車の中で涙が止まらなかったことだけは強烈に覚えています。家

こんばんは、みみこです。「…え?」言葉の意味が理解できずにぽかんとしていると笑顔のまま神は続けました。「こっちにはよく会ったり連絡とり合ったりする友達、 こっちには今はあまり会ったりしないけど 消さずに何となくアドレス帳に残ってる友達を書くの」説明をしな

こんばんは、みみこです。「え、いやでも…私には無理だと思います」いくら頭の悪い私にもわかるこれは乗ってはいけない、聞いてはいけない話だ。「みんなね、最初はそう思うんだよ!」「そうそう、私だって最初は何もできなかったもん。 でもね、この人の下についてみっち

こんばんは、みみこです。私の左側は壁、右側に神、テーブルをはさんで神の正面に女神という形で座っていました。料理を半分くらい食べ終えた時雑談の途中で神が唐突に切り出しました。「みみこちゃんってさ、将来の夢ってある?」「え…?将来の夢…ですか?」正直もう将来

こんばんは、みみこです。「今日はよろしくねぇ☆ 仲良くお料理しようねっ!」私より背の小さいその女性は神と同じように人の目をしっかりと力強く見て話す人でそして自然と上目遣いになった表情に自分は女のくせに見とれてしまうほどに綺麗な方でした。小顔過ぎてこの人と

↑このページのトップヘ