こんばんは、みみこです。ワガミチさんは相変わらずの真顔でにこりともしないのでその言葉が冗談なのか虚言なのか私に対しての嫌味なのかもうさっぱりわかりませんでした。「時間は、あります…が…?」お茶をしていた時間も普通の2回目のお見合い時間としてはとても短く正